読書会レポート 2018年6月

IMG_1974.jpg

~モーム『雨・赤毛』~    

今月の課題はサマセット・モームの「雨・赤毛」でした。
南国を舞台にした三作品「雨」「赤毛」「ホノルル」を収めた短篇集です。

南の島に足止めされた宣教師は同宿のいかがわしい若い女を改心させるべく情熱を注ぐが、降り続く雨のせいもあってか、事態は思わぬ方向へと導かれていく。
表題作の「雨」は、世界の短篇小説史上の傑作と言われるだけあって、参加された皆さんの一番良かった作品として「赤毛」をおさえて一位に輝きました。

・湿気が感じられる。
・構成が素晴らしい。
・「雨が降っていたからしょうがないかな」とまで思わせるモームの話術が巧み。
・「雨」が一番、読んでいて気持ちがモヤモヤさせられて面白かった。

と絶賛するかたが多かったのはもちろん、

・宣教師のようにまじめな人ほど抑圧されていることが多い。
・この宣教師は厳し過ぎる、矛盾も抱えている。
・この宣教師のような上司がいた。
・女が改心しそうになったのは演技、ふりをしていただけだと思う。なので、宣教師の死に女が間接的に影響した。
・でも私はこの女がわりと好き。少なくとも他の女性二人より魅力的。
・実は宣教師の死は自殺ではなく、他殺だったのでは?
・犯人は夫の死にあまりに冷静だった奥さん、あるいは女?

など、とんでもない意見まで飛び出して笑いが起きました。

その一方、

・「雨」も「赤毛」も後味が悪い。
・「赤毛」は南の島で大恋愛を繰り広げた美しい男女が、長い年月の後、お互いに会っても気づきもしないという現実が皮肉で厳し過ぎる。
・「雨」はわざとらしくて劇的すぎる。
・どの作品もきっちりオチをつけているのが「読ませられている感」があり、個人的にあまり好きではなかった。
・そもそもオチをつける必要があったのか。
・いや、モームはオチのない作品をバカにしていたので、それが彼のスタイルなのだろう。
・傑作と呼ばれるほどの文体の素晴らしさは感じられなかった。訳者のせいか。

などといった意見も聞かれました。

今月もひとつの作品でこんなに様々な感想や意見が聞けて面白かったです。
いつもながら、ひとりで読むだけでは及びもつかない読書の醍醐味を味わうことができた読書会でした。

(by M.O)  

スポンサーサイト

読書会レポート 2018年5月

~シェイクスピア「ジュリアス・シーザー」~

 今回の課題本は、名にし負う大文豪シェイクスピアの政治劇「ジュリアス・シーザー」でした。

 業績、名声、人望、知性、すべてに厚く、ローマの新時代をまさに切り開かんとしていたジュリアス・シーザー。しかしその周囲には、神にもたとえられつつあったシーザーに嫉妬し、その座から引きずり落とそうと画策する力がうごめいていた。彼らが反シーザーの旗印にと目をつけたのは、清廉実直で名高い男(ブルータス)。

高潔な理想、純真な愛国心、そして暗い嫉妬と羨望はないまぜになりながら、シーザーの暗殺は遂げられ、計画は成功。これですべてはうまくいく、と思われたのだが―――。

 さて、実際の会での話題は以下のようなものでした。

まず、
 ―「読んだけど、正直なんだかよく分からなかった」「そもそも『シーザー』って誰なのか、実は全然知らない」といった、赤裸々な告白(多数派)。
 ―「シェクスピアは初めて読んだけど、セリフが大げさする」「どうせ『ブルータス』では売れないから、有名人の名前をタイトルにしたに決まっている」という鋭い意見(過激派!)。

はたまた、登場人物の多くが男性であることから、
―「遊びも知っていて、言葉も巧い男が、モテるに決まってる」「そんなことない。心の弱さがある男性も、いじらしさがあって、人間臭くて好き」「カッコよくて、リーダーシップがあって、『さすが主人公!』と思ったキャラが、この後で美女にのぼせてダメになるなんて…見損なった」といった、男性キャラの好感度投票(主に女子陣)。

もちろん、
―「シェイクスピアはかなり史実を改変している。けれども、その改変が物語に自然さと普遍性を与えている」「容貌の描写がなくとも、読み進めているうちに、自然にキャラの顔かたちが想像できてしまう。さすがの筆致。」「史実では、複数の登場人物間に血縁関係があったらしい。そうだとすると、さらに面白く、考えさせられる」といった、「やっぱりシェイクスピアすごい」という声も多く聞かれました。

 最後に、打ち上げの酒宴では「シーザーサラダの『シーザー』の由来は何か」という点についても、ケンケンゴウゴウだったことも申し添えておきます。
(by H.T)

読書会レポート 2018年4月

~川端康成『みずうみ』~

銀平( 34 )の目を奪う少女達は若く、戦後期には似つかわしくない清純無垢な存在です。その純粋さ、美への憧憬にうながされ、銀平は職を追われようが、少女が彼氏と一緒であろうが、無意識に少女の後をつけてしまいます。そのついてゆくさまは、少女に没入し自己を喪失しており、一人の人間とは数えられないほどです。


初読の印象はさまざまでした。ストーカーや変態小説といったラベリング、銀平の奇怪で一方的な言動に対する嫌悪感、盛り上がりに欠ける展開、唐突な終幕への指摘や、現実と記憶を行きかう独特な場面転換などなど。
銀平は少女のもつ魔力が自分に追う行為を強いており、少女もその魔力を自覚しその愉悦に浸っていると考えています。この観点には、犯罪を為す人特有の考え方であると顰蹙が上がりました(笑)その一方、追われるスリルを味わいたいといったマゾヒズムをもつ女性は、追われたいと感じているのではないかという意見も出ました。
銀平の一方的なコミュニケーションに辟易しつつも、「お楽しみですな。」の場面にあらわれる素直さ、コミカルな面には好感が持たれ、男性読者からはいいやつそう、友だちになりたいという声が上がりました。

また、元教え子の久子( 16 )、初恋のやよい( 14 、 5 )との関係性には、純愛と呼べる情緒的な交流があるのではないかという議論になりました。学校を追われた後、久子と逢引する場面では、久子は「先生、また私の後をつけて来て下さい。」と自ら言います。“後をつける”といういち方向的な行動を久子は受け入れ、銀平は望まれるまでになりました。
銀平は対人関係が上手なほうではないし、臆病で非道な行動もしてしまいます。けれども、少女のもつ美をひたむきに愛する気持ち、その美と共に生きてゆきたいという子どもの頃からの願いを持ち続け、諦めることなく人と関わろうとします。
「幼い銀平の幸福はやよいと二人づれの姿をみずうみにうつして、岸の 路 ( みち ) を歩くことだった。みずうみを見ながら歩いていると、水にうつる二人の姿は永遠に 離れ ないでどこまでも行くように思われた。」

 銀平の備える純粋さを好みつつも、極端な対人関係をもつこの人物について多様な価値観をお持ちのみなさんと考えを交わすことができ、また新たな『みずうみ』像を得ることができました。

(by K.O.)

読書会レポート 2018年3月

IMG_1886.jpg


 ~メリメ『カルメン』~

 ビゼー作曲の有名なオペラ『カルメン』の原作の小説です。

 考古学者の著者がカルメンの恋人だったドン・ホセの語りを聴き取ったという形式です。奔放な女カルメンに惑わされたホセが最後にカルメンを殺して破滅していく物語です。

会では次のようなことが話し合われました。

・ホセはバスク語をしゃべるバスク人という設定になっているけど、これはなぜだろう?
 ――それは、ヨーロッパ人にとっては、バスク語は最も難しい言葉だと言われているからですよ。言語の系統がまったく違うんです。だから、ホセはスペイン社会でも疎外されたアウトサイダーだということを言いたかったのだと思う。ロマ(ジプシー)であるカルメンももちろんそうだよね。

・カルメンは本当にホセを愛していたのだろうか?
 ――わからないね。カルメンはホセに自分の恋人と呼ぶことを禁じていたと書いてあるから、表面的なものだったのかも。

・カルメンの魅力がわからない。こんな男から男へ渡り歩く女がいいの?
 ――谷崎潤一郎の『痴人の愛』を思い出しました。こういうふうに女に翻弄されて喜ぶ男もいるのでは? 予測不能なところがいいんですよ。
 ――ホセが女性慣れしていなかったのだけかも。

・ホセは悪い人ではない。純情すぎるからこそカルメンに惑わされて悪の道に走ったのだろう。

・最後にホセはカルメンはかわいそうだ、あんな女に育てたカレ(ロマ)が悪いと言ってるね。翻弄されながらも、最後までカルメンを憎むことはできなかったのだろう。


 私としては、短い言葉で強烈なイメージを喚起する、すごい作品だと思いました。
 中でも、カルメンが皿をたたき割って、その破片をカスタネットのように打ち鳴らして踊るシーンが鮮烈でした。

(Das Wandern)

読書会レポート 2018年2月

~チャペック『ロボット』~

「ロボット」という言葉はこの作品から生まれました。チェコ語のrobota(使役)が語源だとされています。チェコの作家カレル・チャペックが1920年に発表した戯曲です。
 労働するために人間に作られたロボットたちが蜂起し、人類を抹殺しはじめるという内容です。

会では、こんな言葉がかわされました。

「欧米のロボットものの作品は、最後にはロボットが人類に反抗し始めるのが多いですね。日本のドラえもんや鉄腕アトムは、人間の役に立とうとするのに」
「人間に似たものを人間が作るのは罪深いという考え方があるのでは」

「虐げられているロボットを救うためにロボット工場に乗り込んで来た女性ヘレナが、いきなり社長のドミンに求婚されて、しかもそれを受け入れてしまいますよね。これはなんでなんだろう」
「そう、そこが理解できなかった。この工場があるのは孤島ですよね。ヘレナはストックホルム症候群にでも陥ったのだろうか」

「第二幕で主要な登場人物がすべて死んで、そのまま第三幕に突入しますよね。これはすごく斬新な構成だと思いました」
「初めは、この作品は二幕までしかなく、三幕目は後から付け加えられたそうですよ。二幕目で人類がほとんど絶滅してしまうので、さすがに救いがなさすぎると思ったのだろうか」

「ヘレナはロボットに同情して助け出しに来るんですよね。この感覚がよくわからない」
「ルンバに名前を付けてかわいがっている人もいますからね。ロボットに共感したり同情したりするのは、ありうることだと思いますよ」

この作品が発表されたのは1920年。そんな時代に舞台の上に「ロボット」を載せ、その危険性を言い当てたのは、恐ろしい慧眼だなと思いました。

(Das Wandern)
プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR