FC2ブログ

読書会レポート 2019年6月

 ~サン=テグジュペリ『夜間飛行』~

今回の課題本として、サン=テグジュペリ『夜間飛行』を選ばせて頂きました。

私の大好きな小説で、無駄がなくかつ情景豊かな文体と、テグジュペリ自身が飛行士であった経験が存分に発揮されている、迫力ある飛行描写とが、本作の好きな理由です。作品の分量もそれほど長くないため、読書会の課題本向きではないかと思ったことも、選出理由の一つです。

本書について様々な意見・感想が飛び交いました。例えば以下のようなものです。

構成や描写について、

・構成がよく練られていて、隙がない。感情描写が抑えられている。あえて書かなかった部分というものがたくさんある小説だと思う。
・飛行機が墜落する描写がとても現実的。現実の描写と詩的な描写とのコントラストが印象的。
・登場人物たちが内面を出さないからこそ、逆に一人ひとりの戦っている感じが切実に伝わる。
・冒頭は映画っぽいシーンで、ゆったりとした時間の流れるよう描写だった。この雰囲気のまま続くのかと思ったら、そこは裏切られた。後半になり時間の流れが急速かつ不安定になる。

飛行士たちについて、

・なぜこの小説に登場するパイロットたちは、命の危険があるにも関わらず飛行機に乗り続けたのだろうか? 空を飛ぶことに駆り立てられるパイロットの気持ちは一体どんな感じなのだろうか?たとえ生きて戻ることができなかったとしても、パイロットにとってはそれが本望だったのだろうか?
・ファビアンは、きっと空に憧れる人なのだろう。飛んでいる間、エクスタシーを感じているかもしれない。
・16章の、ファビアンが見たあまりにも美しい光景が、まるで現実の出来事ではない、夢の中の世界のようである。あまりに綺麗な描写なので、このシーンが読めただけでもこの小説を読めで良かったと思う。
・本作はテグジュペリの自伝的小説とも思える。テグジュペリのように、空を飛ぶことに対して取り憑かれた人でないとわからない世界というものがあるのではないだろうか?

リヴィエールという人物について、

・リヴィエールという人物の人どなりが掴めない。何が起きても事業を続ける姿勢には、この人は事業を続けないと死んでしまうのではないかとも思える。
・リヴィエールの仕事へのひたむきさとストイックさが気になった。リヴィエールの「人生に意味があるかわからない」という台詞から、この人はここまで自分を追い込んでいたのだと察せられ、凄い人だと感じられた。
・リヴィエールの「優しさを表に出さない」ところが印象深かった。リヴィエールは必ずしも自分が正しいことをしているとは思っていない。だが、その迷いを人前で出そうとはしない。
・リヴィエールのやり方には、共感することはできない。ただ、このような仕事一筋の人物は現実にいると思うし、こういう人の心情をよく捉えていると思う。綺麗事を抜きにしてえも事業を前に進める、という迫力に満ちた態度がすごい。

フロンティアとしての航空事業について、

・星の王子さまとは異なり、これはマッチョな世界の小説である。この時代は空の世界がフロンティアで、今で言うところの宇宙開発だろう。宇宙開発でもたくさんの人が犠牲になっていた。逆に言うとこれだけの犠牲を出しても前に進むような強い意志がない限り、フロンティア事業は達成できないものだろうか。
・飛行事業の黎明期にあったから、リヴィエールはあれだけ厳しい態度をとっていたのだろう。自然災害による事故も人間のせいにして処罰していた。このような一見すると理不尽なことも、このフロンティア事業を続けるために必要なことだったのかもしれない。
・個人の幸せを二の次にしてまで事業の発展を目指そうとしている。その力は巨大である。
・仕事の黎明期・過渡期というものは、リヴィエールのように、トップダウンのやり方で強引に前に進めたほうがうまくいくことが多いのではないだろうか。

女性の視点について、

・飛行士の奥さんの登場により、作品に女性の視点が入ることで、作品の人間性が増していた。飛行士の奥さんの「見送る立場」と言うものが作品に描かれているところが素敵。
・リヴィエールとファビアンの奥さんの対立は、今風に言うとワーク・ライフ・バランスの象徴とも言える。正反対の価値観のぶつかり合いである。

様々な人同士で、作品に対する思いをぶつけ合うという有意義な時間を、今回も過ごすごとができました。

(By Igm)
スポンサーサイト

読書会レポート 2019年5月

~シェイクスピア『ヴェニスの商人』~

今回の課題本は、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」でした。

世界的劇作家でありつつ、その作品を読むことはこのような機会でもなければあまりないシェイクスピアの中から、(過去にとりあげられたシェイクスピア作品が全て悲劇であったことから)今回は喜劇を選択しました。

中国出身で中国語と英語で読んできたという方や、英文科で専門的にシェイクスピアの勉強をしてきた方なども参加され、意見・感想は多岐にわたっていましたが、やはりと言うべきか、ユダヤ人金貸しのシャイロックが終始話題に上っていました。

・シャイロックは嫌いになれない、間違ったことは言っていない。
・貸した金を場にして返すと言われても応じず、最初の約束通りアントーニオの肉を要求し続けたことから、本当の目的は金ではなく自身やユダヤ人の名誉を守ることだったのではないか。
・シャイロック側から見れば悲劇と言える内容だが、喜劇に分類されているのは何故か。

といった意見が出されました。また、先の中国人参加者のお話だと、シャイロックは中国の文学史では、四大吝嗇家の1人に数えられているとのことで、数ある古典文学の登場人物の中でも特に重要視されているようでした。

私としては、あくまでコメディの悪役として描かれているシャイロックにそこまで同情したり、感情移入したりした訳ではありませんでしたが、参加者の方々のお話を聞いていると、悪役であるシャイロックに関してここまで議論が盛り上がると言うのもシェイクスピアの高い人物描写力や構成力のなせる技なのかなと言う気がしてきました。

漫画でも映画でも小説でも、主人公と同等またはそれ以上に脇役や悪役が印象深い存在だとやはり作品自体の魅力も大きく増すように思います。

脇役繋がりで言うと、身分の高い女性でありながら自身の機転と行動力で夫の親友アントーニオを救うポーシャに私としては非常に好感が持てましたが、他の参加者からも、ポーシャから女性の怖さを感じたという意見や、彼女こそ真の主人公ではないかと言う意見も出るほどでした。

また、本筋からはやや逸れるかもしれませんが、自分が考えもしなかった意見や意外に思った意見として次のようなものがありました。

・バサーニオとアントーニオの強い絆は同性愛からくるものではないか。
・英語の言い回しや韻のふみ方がコミカルで非常に巧みであり、原語(old English)で読むのはかなりハードルが高いものの、現代英語で読むだけでもその面白さを日本語よりは感じることが出来る。
・キリスト教やユダヤ人に対するシェイクスピア自身の意見を代弁しているのがシャイロックなのではないか。

同性愛説に関しては、主人公アントニーニオが他の登場人物に比してそれほど目立っていないにもかかわらずタイトルにもなっているのは、バサーニオとアントーニオの同性愛を強調するためではないか、西洋では異性愛よりも同性愛の方が崇高に扱われている部分があり当時のイングランド王であったジェームズ1世も同性愛者であった、などと私1人で読んでいたのではまず思い至らなかったであろう話題が次々と上がり、読書会というものの醍醐味を感じることができました。

大人としての教養が一歩深まったと思える2時間を過ごすことが出来ました。

(by Teiko K.)

読書会レポート 2019年4月

~『オー・ヘンリー傑作選』~

今回の課題は、短篇の名手として名高いオー・ヘンリーの272作品の中から20篇をまとめた「オー・ヘンリー傑作選」でした。

この中の「賢者の贈りもの」と「最後の一葉」は教科書などで読んだことがあり、内容も知っているというかたがほとんどでした。
ただし「内容を若干間違えて記憶していた」というかたもいらっしゃいました。

全作品を通して、警察のお世話になる人はいるものの、ひどい悪人はひとりも出てこない、そこがほのぼのしていて良かった。
また、書かれたのが1900年代初頭で、アメリカに勢いがある元気な時期だからか、貧しい庶民の話でも豊かな感じがする。
最近読んだ小説のように、登場する若者が殺伐としてすさんでいる感じがまったくなくて良かった。
訳者の力量もあるのか、どの話も古臭くない。
お金がからんだ話が多い。お金のことが細かく書かれているのは著者がお金持ちか、お金に苦労しているかどちらかなんだろう。
(オー・ヘンリーは貧乏だったと知り、納得されていました)
どの話も意外な終わり方をするパターンが似ているからか、読み進むうちにだんだん飽きてきた。
20篇の中には読み終えて「ん?これはどういうこと?」と意味がわからないものがあった。2度目に読んで「ああ、なるほど」と
思うものもあれば、結局わからないものもあった。

案外読み飛ばしていて内容を把握し損ねているのかも、というかたもいらっしゃいました。私もそうでした。
ただ、訳者がある程度補足して書かないと話のオチがわかりにくい作品もあったように思う。
道徳的な話にしようとして、あえて道徳的なことを付け加えている作品もある。
「最後の一葉」だけは内容がどうしようもなく重かった。人が死ぬのは好きじゃないのでこういうのは苦手。

など、様々な感想が聞かれました。

20篇もあると、あまり印象に残らなかった作品と、おもしろくて気に入ったものが人それぞれ出てきます。
「私はこれが好きだった」「この作品も良かった」とみんなで語り合えて、楽しい時間が持てました。

オー・ヘンリーは47歳で亡くなったので長生きはしませんでしたが、のりにのっていた頃はこのような短篇を1年で66作品も
書きました。
大半が10ページ前後の短い話の中に必ず意外な結末が着地点にある魅力的な作品を次々と生み出したことは驚異的です。

今回はそんな傑作選を読むことができ、さらにみなさんと読後感を共有することができ、良かったです。
充実した2時間でした。

(by M.Ozawa)

読書会レポート 2019年3月

IMG_2593.jpg


~サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』~

 今回本を選ぶにあたって、日頃いろんなジャンルの本を読む方ではないので少し悩みました。

 「ライ麦畑でつかまえて」は以前村上春樹訳が出版されたときに読もうと思って購入したものの挫折してしまい、いつか読もう!と決めていた作品です。その時は正直あまり面白いとは思えませんでしたが、世界的に読み続けられている作品なのでまたチャレンジしたいと思い、選びました。

 今回は読書会があるのでなんとか読み終わりましたが、なかなか進まず大変でした。一人で読んでいたら、以前のように挫折していたと思います。正直、「この本を選んでよかったのだろうか、、、」という気分でした。

 読書会で皆さんのお話を伺うと、面白かったという人とよくわからないという人が半々くらいだったと思います(選んでおいてなんですが、面白かったという感想を聞いてほっとしました。)。面白かったという人の感想を聞いていくうちに、自分の気がつかなかった解釈や物語構成に対する捉え方の違いを知ることができて、とても新鮮でした。特に「エピソードの連続というのがおしゃれ」という感想を聞いて、「そういう考え方があるのか!」と目から鱗でした。

 また、読書会では作品発表当時の音楽を聞かせていただいたり当時の世相を伺い、現代の感覚で読むのではなく、その時代を理解するとより深く作品を理解する事ができるのだと感じました。

 今回は前回読んだ時と同様私自身はあまり面白さを感じなかったのですが、「以前読んだときは面白くなかったが、今回読んだらよかった」という感想がいくつかあり、またいつか必ず読んでみたいと思います。

 自分の選んだ本の感想をいろんな人から教えてもらうという経験は初めてでしたが、非常に新鮮で楽しい体験でした。またぜひ参加して、いろんな本に触れたり感想を共有できたらと思います。

(by M.T.)

読書会レポート 2019年2月

~オースティン『自負と偏見』~


ハンサムで大金持ちだが傲慢で人当たりの悪いダーシーに、平民の娘エリザベスが反発しながらも、いつしか惹かれていく……というストーリー。
昔から女性に大人気で、今も熱狂的なファンの多い小説です。

会では、こんなことが話されました。

「出だしは退屈かなと思いましたけど、いつの間にか引き込まれてしまいました」
「女性に人気なのもわかる。ハーレクィーンロマンスみたいな小説ですよね」
「この小説がハーレクィーンの源流になっているのかも」

「ダーシーは、イギリスの小説の主人公でもトップクラスの人気らしいですよ。なんでこんなに人気なんですかね」
「初めは傲慢だったダーシーが、エリザベスに求婚を断られたのをきっかけに、謙虚で優しい人柄に変わっていくでしょう。そこがいいんじゃないかな」

「人物描写が巧みですよね。エリザベスのお母さんのミセスベネットが、本当におしゃべりであけすけで、なんか大阪のおばちゃんみたいで笑えました」
「しかしこの若い女性たちって、いったい何のために生きてるんだろう。家の中でおしゃべりして、編み物をして、ときどき舞踏会に行って男性と会って……これしかしていないですよね。社会的背景がほとんど描かれていないのがすごい」
「この小説の女の人は、男と結婚と金の話しかしないんだよね。なんか、居酒屋に行ったら隣に女子会のグループが居座っていて、その話を延々と聞かされている気分になりましたよ」
「軍人が女性にモテモテになっているけど、なんでだろう」
「軍服がかっこいいからじゃない? ジャニーズのファンになるみたいな。あるいは、軍人が権力の象徴なのかもしれない」

「エリザベスは初めて会ったときからダーシーが大嫌いだったじゃない。ここを読んで、『あ、この二人は結ばれるな』と思いましたよ。愛と憎しみはコインの裏表なんだよね」
「もともとエリザベスはツンデレなんじゃないの」
「あれだけダーシーを嫌っていたエリザベスが、ダーシーの豪邸を見て、だんだん好きになっていく描写が、リアルで面白い」

 いつも読書会では、異性の意外な読み方や意見を聞いて驚かされるのですが、今回もそんな喜ばしい驚きを得ることができました。

(by Der Wanderer)
プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR