fc2ブログ

読書会レポート 2022年6月

1_20220608121842e87.jpg


~有吉佐和子『悪女について』~

 富小路公子という一人の女性について、二十七人の人が現れて語り出します。

 ただし、公子本人は一度も語りません。それぞれの証言者の言うことが食い違い、いったいどこに真実があるのか、富小路公子という人は何者だったのか――という小説です。

 まっさきに会で話題になったのは、公子の死が自殺なのか他殺なのか事故死なのか、という疑問です。これに関する証言が、互いに矛盾しあっているからです。

 参加者の意見は、自殺と他殺と事故死でほぼ三分されていました。

・自殺説……自分のやっていることを悔いて自ら命を絶ったのだろう。
・他殺説……いろいろ人をだましたり、偽装結婚などしていたので、公子を恨んでいた人は多かったのでは。
・事故死説……最後に次男の義輝が事故死だと言っている。この小説での最後の証言なので、これが真実ではないか。

 私は事故死説を取りました。
 義輝の証言は「本当だよォ」で終わり、これが小説全体の最後の言葉でもあるので、この言葉をあえて最後に持ってきたのは、義彦の証言が真実だと著者がほのめかしているのではないか、と思ったからです。

 もう一つ問題になったのは、「公子の母親は本当に八百屋のタネなのか」ということです。
 公子自身は自分を公家のご落胤だと吹聴していましたが、彼女の強烈なコンプレックスから見て、おそらくタネが実母であり、それを恥じて隠していたのだろうという意見が多かったです。

「公子にお近づきになりたいか」という質問については、イエスと答えた人はほぼいませんでした。
 小説の中では魅力的に描かれ、何人かの証言者からは絶賛されているのですが、実際にお近づきになると、災厄に巻き込まれそうで怖いようです。

「やはり真実は一つではない」という意見も聞かれました。
 公子に対する証言が、これほど食い違うからです。ある人からは詐欺師に、しかしある人からは聖母にも見えます。

 いろいろな伏線が仕組まれている小説なのですが、読書会でいろんな人の意見を聞くことによって、より重層的にこの小説を知ることができてよかったです。

(by Auf der Reise)
スポンサーサイト



読書会レポート 2022年5月

3_202205211647349e2.jpg

~サン=テグジュペリ『人間の土地』~

『星の王子様』の著者でパイロットであるサン=テグジュペリが、自らの危険な飛行体験について語った本です。

 著者は、郵便飛行機を運転していて、何度も砂漠に不時着したりして命の危機に晒されています。結局、彼は第二次大戦中に偵察機の飛行中に、敵機に銃撃されて命を落としています。
 なぜ、彼らは命の危険を知りつつも危険な飛行に身を委ねたのか。
 
 いろいろな意見が出ました。
「命を軽く考えていた」
「未知のものを切りひらく快感があったのでは」
「誰かに郵便物を届けるという使命感があった」
「命を危険に晒すことによって、逆に生きているという実感が得られたからでは」
 ――といった意見が、参加者の方々から出ました。

 また、作品中にバークという奴隷が出てきます。
 彼はサン=テグジュペリたちからお金をもらって奴隷から解放されたのですが、そのとたん、街で出会った子供たちにお菓子をあげるために、全財産を使い果たしてしまいます。
 なぜこんなことをしたのでしょうか。
 これについては、
「いきなり自由になったので、自由の使い方がわからなかったのでは」
「自分が子供たちに必要とされていることが嬉しいんだろう」
「公園でハトに餌をあげると嬉しくなる、そんな感覚かな。気持ちはわかる」
 ――といった意見が聞かれました。

 砂漠での極限状態を描いた、ものすごい作品だと思いました。みなさんの多彩な意見が聞けて良かったです。

(by auf der Reise)

読書会レポート 2022年4月

~『グリム童話集1』~

 たぶん世界でもっとも有名な民話集です。
 会で話されたのは、次のようなことでした。

・やはりストーリーが面白い。意外なひねりとかはないんだけど……。

・王様がいろんなところに出かけて、娘をめとる話が多いね。よくいろいろほっつき歩く王様だなあ。
 ←やはり女の子は男に見染められるのが幸せ、という考え方があるんだね。

・「灰かぶり」(シンデレラ)には、カボチャの馬車もガラスの靴も出てこないでしょう。これが物語の原型なのかな。

・全体的に、ディズニーや絵本で読める話よりは残酷な要素が強いよね。ディズニーとかではシンデレラをいじめるのは義理の母親ということになってるけど、グリムの原典では実母なんだよね。それでは教育上よくないということで、後に改編されたらしい。

・グリム兄弟がドイツ中を旅して、田舎の百姓のおばあさんから話を聞いて集めたというイメージが強いけど、実は話を聞いたのは、裕福で教養のある老婦人が多いんだよね。しかも、フランス系も多いらしい。

・やはり「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家のイメージが強烈です。子供の頃はすごく憧れましたよ。

・「ブレーメンのおかかえ楽隊」は、別にたいした演奏活動はせず、尻切れトンボで終わってしまうのが意外。

・「こわがることをおぼえるために旅にでかけた男の話」が面白かった。主人公の少年を怖がらせるために、周りの人がいろんなことを仕掛けるが、少年はまったく堪えないという話だね。どことなくナンセンスで楽しい。

(by Auf der Reise)

読書会レポート 2022年3月

~カポーティ『ティファニーで朝食を』~

 オードリー・ヘップバーンの主演で映画化された有名な中編小説です。
 
「あの映画では、冒頭でオードリーが、ティファニーの前の道ばたでパンを立ったまま食べるシーンが強烈だったな」
「実は、最初はマリリン・モンローにオファーが出されたらしい。でも断られたので、オードリーに回ってきたとか。この映画はオードリーのイメージが鮮烈だけど、カポーティーはミスキャストだと思っていたみたいですよ」

「『いつの日か目覚めて、ティファニーで朝ごはんを食べるときにも、この自分のままでいたいの』というヒロインのホリーの台詞があるよね。これはどういう意味なんだろう」
「もちろんティファニーはホテルでもレストランでもないよね」
「ティファニーにお得意様として泊まって、朝ごはんを食べれるような身分になっても、という意味なのかな」

「ホリーは若くて美しくて、周りを振り回すけど、ホリーとお近づきになりたい人はいる?」
「はい、なりたいです。作中でもホリーはみんなから持てはやされていますよね」
「はたから見ている分には楽しいよね。でも実際に振り回されてみたら、疲れると思うよ」

「全体的に、喪失感の漂う、どこか虚しく悲しい小説だと思いました」
「故郷を喪失した人々の物語というか。やはりアメリカは移民の国なんですね」

「ところどころ、気の利いた台詞が出てくるのがいいね」
「そうそう。私は『あの子は頭が飛んじまっているし、まやかしだ。でもな、本物のまやかしなんだよ』という一節がよかったです」

(by Der Wanderer)

読書会レポート 2022年2月

~ゴールズワージー『林檎の樹』~

 この小説では、学生のアシャーストが田舎娘のミーガンと出会い、恋に落ちます。
二人は林檎の樹の下で結婚の約束をしますが、準備を整えるために一人街に出かけたアシャーストは、そこでステラという少女と出会い、ふたたび恋に落ちてしまいます。
結局、アシャーストはミーガンを捨ててステラを選んでしまう……という悲恋の物語です。

会では、こんなことが話し合われました。

「だいたい、旅に出かけて、見知らぬ一般人の家に泊めてもらうなんてことはあるんだろうか?」
「ありますよ。僕にも経験があるし、似たような話はよく聞きます。特にイスラム圏では旅人は親切にされ、歓迎されますよね」

「アシャーストは本当にひどい男……」
「そうだね。しかし現実を見据えた、どこにでもいる普通の男とも言える。ミーガンとアシャーストはどうせうまく行かなかったのでは?」
「アシャーストはひどい俗物として描かれてますね」
「ひどい男かもしれないけど、だからこそ小説になったんだと思う。これがハッピーエンドになっていたら、ドラマにはならないよね」

「ミーガンはなぜ最後に自殺したんだろう?」
「いや、作者は自殺したとは書いていないのでは? 『恍惚の表情で小川に浮かんでいるのを発見された』と、自殺とも事故ともどちらとも取れる書き方をしてるね」
「たぶん、作者はあえてあいまいな書き方をしたんだろう。読み方によっては、ミーガンは必ずしも悲惨ではなく、喜びの中で幻影を見ながら息絶えたとも取れるんだよね」

ストーリーは単純かつ悲劇的なのですが、いたるところに麗しいレトリックが、林檎の花のように咲きほこっている小説だと思いました。

(by Der Wanderer)
プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR