FC2ブログ

読書会レポート 2021年4月

~ラヒリ『停電の夜に』~

ベンガル系アメリカ人作家の短編集。
この作家については、読書会に参加している方から「いいよ」と聞いていて気になっていたのですが、先日偶然に本屋で見かけたので、これも何かの縁だと思って読んでみることにしました。

会ではこんなことが話されました。

「わりと新しめの作品なので、とても新鮮に思えました」
「ものすごく描写が細かく繊細ですよね。特に服装の描写が異様に細密……」

「『病気の通訳』について。主人公の女性は、なぜ通訳に実はこの子は夫の子ではないと告白したんだろう」
「インドに旅に出かけ、解放された気分だったからじゃないの。旅の恥はかき捨てというか」
「ひょっとして、現地の通訳を下に見ていたからでは。同じ人間だと思っていないから、こんな恥ずかしい告白もできたんじゃないかな」

「『セクシー』の中に「セクシーとは、知らない人を好きになること」という一節がありますよね。よくわからないけど、なかなか深いなと思いました」
「どうもこの人は、倦怠した関係の男女を描くのが好きみたいだね」

どの作品が一番よかったかをみなさんに聞いてみたら、「三度目で最後の大陸」だという声が多数でした。
インド人の男が、いかにイギリスとアメリカに移住し、なんとかうまくやっていくか。決して派手ではないが、最終的には地道な幸福を見つけたのがよかったようです。
私は、「ビビ・ハルダーの治療」がよかったです。病気で特に取り柄もなく、周囲の厄介者になっていた女性が、いつの間にか病気も治り、大して努力もせずにそれなりにうまくやっていく、という地味なハッピーエンドが印象的でした。

(by Das Wandern)
スポンサーサイト



読書会レポート 2021年3月

~イプセン『人形の家』~

3月7日の読書会のレポートをお届けします。
この作品は、過去の読書会で特に盛り上がったとのことで選ばれましたが、この日もさまざまな感想が寄せられました。そのうちのほんの一部をお届けします。

【主人公、ノラについて】
冒頭と最後のノラに落差がありすぎると思ったが、ジェーンフォンダが演じるノラには納得させられた。
ノラの決心が、あまりにも急な展開。
ノラの決心は、彼女の幼少期からの生き方を思えば、至極当然の帰結に思える。
ノラは幼く、社会経験を積まなかったからこその楽観性がある。同時に事務能力を鍛えられなかった危うさもある。
二人が向きあった時、感情的な夫に対してノラは冷静。ノラは本当は賢くて純粋で、健気な人だと思う。
家を出たあとのノラを「売春婦になるしかない」という魯迅に対して、寺山修司は「それでいいのではないか」とこたえている。
その場その場の機転がきき、要領の良さがある。利己的な面がある。

【夫、ヘルメルについて】
処世にたけており、芸術的感受性もある。
夫ヘルメルに否定的印象があったので、ラストで夫が捨てられるのがスカッとした。
夫はノラを愛しているのではなく、トロフィーワイフとして必要なだけではないか。
クログスタッドは良い人間へと変わり、ノラはまさに変わる最中。ヘルメルが変われるのかは、かなり疑わしい。
劇書房版のヘルメルの言葉がかなり厳しく、飴と鞭でノラを混乱させているのではないか。

【リンネ夫人について】
ノラと本当に友人なのか、疑わしい。
女性同士のマウンティング会話が怖い。
伴侶にお金を求めるリンネ夫人や、夫に依存するノラなど、女性の課題も描かれている。

【ランク医師について】
父や夫とは違う男性としての存在を示す役割なのではないか。
ノラとの関係は騎士道的、宮廷恋愛の形である。

【物語全体について】
5年前の読書会と読後感が全く違っており、自分も社会も、ジェンダーに関する意識が変化しているのを感じる。
善人と悪人が区分されるのではなく、善悪のグラデーションで描かれている。
このストーリーは、「かみ合わなくなって男女が別れる」という普遍的な形の一つではないか。
展開の速さ、登場人物もはっきり描かれていて、さすがイプセンの代表作と思った。
一読したかぎりでは、女性の軽さ、移り気が目についた。読書そのものより、読書会のディスカッションで、考えさせられるものがあった。

以上のような感想が寄せられました。
特に、秘密を明るみに導くリンネ夫人の行為は、裏切りか救済か、評価が分かれました。
またノラの決心は突然の展開か、当然の帰結か、対照的な感想が出ました。

レポートとしては大層まとまりがないものとなってしまいましたが、それも道理と思っています。
現実社会は、数時間の語り合いで結論を出せるほど単純なものではないし、現実を問う文学も同様だからです。

私自身は、これが4回目の参加となる新参者です。
これまで読書は、一人で完結しているものでした。なので読書会に参加して、思考を言葉にするのも新鮮ですし、周りと比較して自分の傾向性(保守的か反体制的か、この作品では女性への抑圧に敏感か鈍感か)を、俯瞰的に見ることができる気がします。

新しい参加者も、隔てなく受け入れてくださり、感謝しています。
ありがとうございました。

(by Meiyuan)

読書会レポート 2021年2月

~『カフカ寓話集』~

 この本は、長らく私の本棚で眠りについていたのですが、一向に読まれる気配がなかったため、今回の読書会のテーマとして出品して読んでみようと考えたわけです。

 基本的にこの本は短編集で、わずか一ページにも満たない作品もいくつかあります。
 みなさんの声を聞いてみると、「ポセイドン」という三ページしかない短編が一番人気でした。海の神ポセイドンが主人公なのですが、ポセイドンは「戦車を駆けって海を巡察している」というイメージとは裏腹に、まるで公務員のように海底に座ってひたすら計算をするだけ、というものでした。
 なんだか、実際に公務員だったカフカの姿が裏写りするような作品です。

 会では、こんなことが話し合われました。

「なんだか、尻切れトンボの作品も多いですね。落ちも何もないという……」
「未発表の作品も多いからね。おそらくカフカ自身が、これらの作品を世に発表するつもりはなかったんでしょう」

「私は個人的に、作品の深読みはしないようにしているんだけど、カフカの作品は思わず深読みしてしまいますよね。あまりにも不可解で、意味も何もわからない作品が多いから」
「そうだね。僕は『貂』(てん)という作品が好き。ユダヤ教会になぜか貂が住みついていて、その理由がわからない。みんなはできたら追い出したがっているが、どうやって追い出したらいいのか、方法がわからない。ただし、今のところ貂が目立った悪さをするわけでもない……という」
「この貂は何の象徴なのだろう。いや、何も象徴していないのだろうか」
「意味不明なので、どうしても解釈する誘惑から逃れられなくなるんですよね」

「『巣穴』がよかった。この本の中では一番長く、ものすごく単調で退屈なんだけど、すごく引き込まれるんだよね」

「『断食芸人』が面白かった。断食しているところをみんなに見せる芸人の話」
「シュールな話だけど、こういう芸人は実際にいたと聞いて驚きましたよ」

 謎の多い作品群なので、話すネタもいつまでも尽きない模様でした。

(by Das Wandern)

読書会レポート 2021年1月

~トニ・モリスン『青い眼がほしい』~

本作は黒人の人種問題だけでなく、社会に押し付けられた美しさの基準と自己否定という普遍的なテーマを扱った作品なので、その点でもみなさんの意見を伺いたいと思い選定しました。

読書会では次のような意見・感想がありました。

読む前と読了後では印象が変わった。表紙のイラストなどから子供向けかと思っていたが全然違った。
本作は大部分が子供によって語られるので、重い話であってもやわらかい雰囲気を感じられる。一方、子供の視点なのでより鋭く大人の世界に切り込んでいる。
複数の場人物の視点が挿入されるので、様々な人物の立場に立つことができる。許されざる罪を犯したチョリーですら、同情の余地があると思える。
ピコーラの望みが「白い肌が欲しい」ではなく「青い眼がほしい」なのが興味深い。
「青い眼が欲しい」というピコーラの願望は確かに自己否定ではあるが、そう願わざるを得ないほど追い詰められた彼女の気持ちは理解できる。
本作は黒人同士の差別・潰し合いの話なので、黒人vs.白人の話よりもいっそう悲しい。虐げられている者同士で団結できないものなのか。
生鮮食品店の白人店主は本当にピコーラを差別していたのか?差別の定義は難しい。
正気を失った後のピコーラと分身(?)との会話が一番切ない。寡黙な彼女は分身にしか本心を語ることができない。
性的虐待の加害者の心情が、異常・狂気的ではなく、あまりに淡々と描かれていたので驚いた。
クローディアがピコーラに、「あなたは素晴らしい」と言ってあげればよかった。誰か一人でも愛してくれる人がいれば、悲劇的な結末を迎えずにすんでいたのでは。
原題は "The Bluest Eye" (単数形)だが、なぜEyes(複数形)ではないのか。Eye(眼)とI(自分)をかけているのか?
ピコーラはこの後どうなるのだろう。不憫すぎる…。

「面白かった」という感想もあれば、あまりに救いのない結末に「辛すぎる」という意見もありました。私自身、約15年ぶりに本作を読み返してみて、こんなにも辛い話だったのかと、初見時以上に衝撃を受けました。年明け一発目から重苦しい作品でしたが、みなさんと刺激的な意見交換ができて楽しかったです。 
(by Akita)

読書会レポート 2020年12月

~シェイクスピア『リア王』~

シェイクスピア最大の悲劇と言われるだけあって、不条理かつ壮絶な物語だったと思います。
会で話されたのは次のようなことでした。

「最後に善良なコーディーリアさえ死んでしまいますよね。ここを読んだときは絶句しました。あのコーディーリアさえ……」
→本当に救いがない劇だよね。善人もかまわず滅びていくという……
→次から次へと人が死んでいくから、唖然としました。
→勧善懲悪ではないんだよね。悪人が滅びて善人が救われるという話ではなくて、善人もまた容赦なく運命の渦の中に呑み込まれていくという……
→悪人が滅びていってスキっとするという、カタルシスがありませんね。
→でもそれが現実ではないかな。本当に勧善懲悪の世界があるなら、それはそれで問題があるというか。単純な勧善懲悪の型に落とし込まないところが、この悲劇のすごいところだと思う。

「リア王の三人の娘がいがみ合うという物語ですよね。私も三人姉妹の一人だけど、やはりいろいろ面倒なことがありますよ」
→女三人が集まるとややこしいのかな。
→そういえば、女三人組の某アイドルグループも、一人だけ疎外されているらしいよ。
→本当?

「エドマンドがすごく悪役として描かれていますね。でも、彼は幼いころから妾の子だとして虐げられていたから、性格が歪んでしまったのかもしれない」
→ある意味かわいそうだよね。やっていることは悪辣非道なんだけど、憎み切れないところがある。単純な悪人ではないんだよね。

「道化が面白い。阿呆なふりをしていて、実はすごく頭がいいんだよね。現実にヨーロッパの宮廷には、こういう好き勝手にものを言うことが許される道化が雇われていたらしい」
→そう思う。馬鹿なことを言っているようで、実はすごく辛辣に真実を突いている。
→この道化は、狂ったリア王の別の側面を象徴しているのではないか。

私としても、道化の言動が面白かったです。
中でも、「なぜ七つ星は七つしかないか、それは八つは無いからだ」というセリフがまったくのナンセンスで、美しく、感動しました。

(by Das Wandern)
プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR