FC2ブログ

読書会レポート 2019年9月

~石川達三『青春の蹉跌』~ 

 あまりにも暗く、打算に満ちた青春である。
 明晰な頭脳と恵まれた容姿を持ちながらも、人との関わりの中で破綻する栄達への階段・・・。そして、遂には実社会への道をも自ら閉ざす主人公の物語。

 作中の人物達から語られる、野心に満ち、敵意に満ち、偏った理屈に満ちた言葉の連なりは、時に苦しくなる程あからさまだ。だが、彼らから放たれる剥き出しの言葉には、単なる身勝手な若者の耳障りな物言いとしては片付けられない本音や真実があるようにも思われ、課題本に推薦した。

 主人公の生き方に関する賛否も大きく分かれ、

・誰も助けてくれない時代だからこそのメンタリティー
・生きるのに必死なだけで、悪人ではない
・父親が生きていたら、状況は全く違っていたはず
・近隣の火事に涙を流す主人公 → やはり彼は普通の人なのだ
・モヤモヤするが、こういったメンタリティーの人は意外といる
・若くして司法試験に受かれば、生意気になって当然

 と、擁護する声が聞かれた一方、

・全く、同情の余地が無い
・法律家を目指すなら、人の気持が分からないといけないのでは?
・子供がこんな風に育ったら、どうしよう・・・

 との意見も挙がった。

 そして、賢いはずの主人公の謎の行動についても触れられた。

・殺人が衝動的すぎる
・死体の始末もされておらず残念
・自分でなんとかしなくては・・という意識が自分の首を締めたのでは?

 更に、

・主人公の成長を見る前に話が終わってしまったことが残念
・学生である主人公に、ビールをせびる従兄の生き様は如何なものか
・主人公の母親に共感を覚える

 など、今回も視点は様々であった。

 また、時代の空気についても多く語られた。
 現在とはレベルが違う貧困が存在したという時代。そして、登場人物が青春時代を捧げ、その後の人生を大きく変えた学生運動。初版から約半世紀を経た今となっては、薄れつつある過去の史実だが、参加者から寄せられる他の作品から知り得た時代背景や作中描写というピースを繋ぎ合わせていく内に、少しずつ補完され見えてくる景色がある。

 月に一度、会を通じて出逢う、長く読み継がれる一冊の本。
 その作品を、現在の社会に照らし、今を生きる私達の感覚や尺度を持って話し合うことは、大変興味深いと思う。

(by C.K.)
スポンサーサイト



読書会レポート 2019年8月

 ~夏目漱石『三四郎』~

 熊本の田舎から上京した大学生・三四郎が、美禰子や与次郎といった都会人に翻弄されながら生きていく姿を描いた、漱石の新聞連載小説です。

 会では、こんな言葉が交わされました。

「ものすごく久しぶりに読みました。実は、高校生の時にこの作品を読んで、密かに東京に憧れて、大学のときに本当に上京しちゃったんですよ」
「今でいうとライトノベルという感じかな。文章が軽やかですよね」

「美禰子という人物像がよくわからない。三四郎を翻弄するようにふるまって、結局、違う男と結婚しちゃうんですよね。そもそも美禰子は三四郎が好きだったんですかね?」
「好きなようにも取れるけど、何を考えているかよくわからない女性ですよね。まわりの男すべてに気のあるふりをしてるんですよね……」
「漱石の描く女性って、こういう不可解で神秘的な人が多いんですよ」
「男を振り回す自分に酔っている感じですね。私も女性だけど、こんな女性とはお友達になりたくないなあ」
「いえ、私は美禰子のことがよくわかりますよ。自分の意志を持った新しい女性ですよね。いろんなことを試してみて、あまりうまくいってないけど、その姿を漱石は優しく描いていると思う」
「田舎から出てきた三四郎にしたら、レベルの高すぎる女性。三四郎がかわいそうですよ」
「といっても、三四郎は二十三歳のわりには、精神年齢高いですよねえ。さすがに今の学生とは違うんですね」

「美禰子の話が多いですね。私はむしろ与次郎が好きだなあ」
「そうそう。やたらと口がうまくて、おしゃべりで、あっちこっちかき回しては事態を大事にするいたずら者。でも笑えるし面白いですよね」
「あと、広田先生がいい。万年高校教師で、教養はあるけど不器用で、出世欲がまるでなく、淡々と生きていく仙人のような人。憎めないですよね」

 私としては、すでに百回くらいは読んだ小説なのですが、改めて読み返してみて、読み逃していたところも多かったことがわかりました。
 そのことだけでも、今回の読書会は収穫でした。

(by Das Wandern)

読書会レポート 2019年7月

~菊池寛『真珠夫人』~

私にとって読書とは決して「高尚な趣味」でもなければ、「勉強」やら「学び」ではない。
純文学や古典に造詣が深い事が偉いとか、年間100冊以上読んでるのが凄いとか、そういう感覚もない。

だから、私が読書会に参加するのも、例えば野球好きな人が贔屓のチームについて熱く語り合う、映画好きな人が映画の感想を言い合う、
推しのアイドルが同じ、好きなアーティストが共通、という人同士でコンサートやら、ライブに出かける、というのと、何ら変わらない。

共通の趣味を持つ人と好きな本談義に花を咲かせたい、ただそれだけである。
もちろん、自分1人で読んでいたら、決して読まなかったであろう、面白い本に出会える、とか、自分が気づかなかった視点からの感想を聞いて、新しい発見がある!という醍醐味はある。
それは大きな魅力である。ただ、それは私にとっては、勉強などではなく、新たな雑学を知る楽しさ、トリビアを知るような喜びなのである。

そんなわけで、どんな本だったら、参加している人達と「和気藹々」と楽しく、よもやま話ができるだろうか、その視点だけで選んだ。
思いついた候補の中に「金色夜叉」と「真珠夫人」があった。

そして、参加当日、同じテーブルの方から、菊池寛は「真珠夫人」を尾崎紅葉の「金色夜叉」を意識して書いたという話が飛び出し、なるほど、そうだったのか、
と妙に納得がいった。
真珠夫人の主人公の「瑠璃子」は菊池寛が「柳原白蓮」をモデルにした、とも言われている小説だ。
(ただし、貴族社会を舞台にする小説という点で、多少生い立ちや、人となりを参考にした程度で、実際の彼女の人生と瑠璃子の生涯は、全く違う。)

参加者からは、
「とにかく面白かった」
「分厚いけれど、あっという間にスラスラ読めた」
という声や
「矛盾があったり、ところどころ急に話が切れたりするのは、
新聞連載だったから、なんですね。娯楽が少なかった当時、きっと新聞の読者達は、毎日毎日、次の展開が気になって仕方がなかったでしょうね」
という意見が数多く聞かれた。

「極端に悪い人も出てこない。主人公の「瑠璃子」の「中途半端さ」が時代背景も感じられて、そこがまたいい」
「男を手玉にとって振り回す妖婦のようでいて、父親や兄、たった2~3歳しか年の違わない継子(義理の娘)を思う姉のような母のような心もある。矛盾と言えば矛盾だが、そういう人っているよね。男性でも女性でも。」
「人は誰しも矛盾する部分を持っているのでは?」
「男女問わず、人を惹きつけるのがうまい人はいるよね。いつの時代、どこの国でも」という意見や、
「でも、同じプレゼントを複数の人にさも、あなたは私の特別な人、と言わんばかりに渡すのは罪深い。愛人をたくさん持つ男性の手練手管みたいで、いただけない」
「ていうか、途中から人格変わっているよね?」
「嫌々結婚したから、その時点でな投げやりになって、
「瑠璃子みたいな人って実際にいるかな?」
「いないでしょ」
「いや、いるでしょ。」
「現代の有名人、芸能人などに例えると、誰?」
「出てくる男が、どの人も情けない、頼りない、カッコよくない。魅力的じゃない」
「でも、女性は瑠璃子と、義理の娘の美奈子とぐらいしか、描かれていないから、同性から見た瑠璃子像がよくわからない。」
「瑠璃子みたいな人が身近に居たら嫌?」
「いや、意外に嫌じゃないかも」
「ただ、瑠璃子のセリフが古臭いくなく、新しい時代の女性という感じもして菊池寛は当時の時代の人としては、あまり女性蔑視的な感覚がなかったのではないか」
など、様々な角度からの話題で盛り上がった。

さすが、映画化4回、ドラマ化1回、なんと初回の映画化に関しては無声映画の時代で詳細不明、というだけのエンターティメント性!
(今のところ、最後にドラマ化されたのが、2002年で、話題になった「たわしコロッケ」の昼ドラ。設定はだいぶ原作とは違っていたけれど)
二次会でも、話題は尽きることなく。私の期待通り、学術的な文学談義でなどではなく、ああでもない、こうでもない、と思い思いの感想を出し合って盛り上がることができ、素材、鮮度は抜群だけれど、庶民的で美味しいお店で食べるご飯やお酒を楽しむのと同じような
肩の凝らない楽しい時間を過ごせました。大衆小説万歳!

(by K)

読書会レポート 2019年6月

 ~サン=テグジュペリ『夜間飛行』~

今回の課題本として、サン=テグジュペリ『夜間飛行』を選ばせて頂きました。

私の大好きな小説で、無駄がなくかつ情景豊かな文体と、テグジュペリ自身が飛行士であった経験が存分に発揮されている、迫力ある飛行描写とが、本作の好きな理由です。作品の分量もそれほど長くないため、読書会の課題本向きではないかと思ったことも、選出理由の一つです。

本書について様々な意見・感想が飛び交いました。例えば以下のようなものです。

構成や描写について、

・構成がよく練られていて、隙がない。感情描写が抑えられている。あえて書かなかった部分というものがたくさんある小説だと思う。
・飛行機が墜落する描写がとても現実的。現実の描写と詩的な描写とのコントラストが印象的。
・登場人物たちが内面を出さないからこそ、逆に一人ひとりの戦っている感じが切実に伝わる。
・冒頭は映画っぽいシーンで、ゆったりとした時間の流れるよう描写だった。この雰囲気のまま続くのかと思ったら、そこは裏切られた。後半になり時間の流れが急速かつ不安定になる。

飛行士たちについて、

・なぜこの小説に登場するパイロットたちは、命の危険があるにも関わらず飛行機に乗り続けたのだろうか? 空を飛ぶことに駆り立てられるパイロットの気持ちは一体どんな感じなのだろうか?たとえ生きて戻ることができなかったとしても、パイロットにとってはそれが本望だったのだろうか?
・ファビアンは、きっと空に憧れる人なのだろう。飛んでいる間、エクスタシーを感じているかもしれない。
・16章の、ファビアンが見たあまりにも美しい光景が、まるで現実の出来事ではない、夢の中の世界のようである。あまりに綺麗な描写なので、このシーンが読めただけでもこの小説を読めで良かったと思う。
・本作はテグジュペリの自伝的小説とも思える。テグジュペリのように、空を飛ぶことに対して取り憑かれた人でないとわからない世界というものがあるのではないだろうか?

リヴィエールという人物について、

・リヴィエールという人物の人どなりが掴めない。何が起きても事業を続ける姿勢には、この人は事業を続けないと死んでしまうのではないかとも思える。
・リヴィエールの仕事へのひたむきさとストイックさが気になった。リヴィエールの「人生に意味があるかわからない」という台詞から、この人はここまで自分を追い込んでいたのだと察せられ、凄い人だと感じられた。
・リヴィエールの「優しさを表に出さない」ところが印象深かった。リヴィエールは必ずしも自分が正しいことをしているとは思っていない。だが、その迷いを人前で出そうとはしない。
・リヴィエールのやり方には、共感することはできない。ただ、このような仕事一筋の人物は現実にいると思うし、こういう人の心情をよく捉えていると思う。綺麗事を抜きにしてえも事業を前に進める、という迫力に満ちた態度がすごい。

フロンティアとしての航空事業について、

・星の王子さまとは異なり、これはマッチョな世界の小説である。この時代は空の世界がフロンティアで、今で言うところの宇宙開発だろう。宇宙開発でもたくさんの人が犠牲になっていた。逆に言うとこれだけの犠牲を出しても前に進むような強い意志がない限り、フロンティア事業は達成できないものだろうか。
・飛行事業の黎明期にあったから、リヴィエールはあれだけ厳しい態度をとっていたのだろう。自然災害による事故も人間のせいにして処罰していた。このような一見すると理不尽なことも、このフロンティア事業を続けるために必要なことだったのかもしれない。
・個人の幸せを二の次にしてまで事業の発展を目指そうとしている。その力は巨大である。
・仕事の黎明期・過渡期というものは、リヴィエールのように、トップダウンのやり方で強引に前に進めたほうがうまくいくことが多いのではないだろうか。

女性の視点について、

・飛行士の奥さんの登場により、作品に女性の視点が入ることで、作品の人間性が増していた。飛行士の奥さんの「見送る立場」と言うものが作品に描かれているところが素敵。
・リヴィエールとファビアンの奥さんの対立は、今風に言うとワーク・ライフ・バランスの象徴とも言える。正反対の価値観のぶつかり合いである。

様々な人同士で、作品に対する思いをぶつけ合うという有意義な時間を、今回も過ごすごとができました。

(By Igm)

読書会レポート 2019年5月

~シェイクスピア『ヴェニスの商人』~

今回の課題本は、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」でした。

世界的劇作家でありつつ、その作品を読むことはこのような機会でもなければあまりないシェイクスピアの中から、(過去にとりあげられたシェイクスピア作品が全て悲劇であったことから)今回は喜劇を選択しました。

中国出身で中国語と英語で読んできたという方や、英文科で専門的にシェイクスピアの勉強をしてきた方なども参加され、意見・感想は多岐にわたっていましたが、やはりと言うべきか、ユダヤ人金貸しのシャイロックが終始話題に上っていました。

・シャイロックは嫌いになれない、間違ったことは言っていない。
・貸した金を場にして返すと言われても応じず、最初の約束通りアントーニオの肉を要求し続けたことから、本当の目的は金ではなく自身やユダヤ人の名誉を守ることだったのではないか。
・シャイロック側から見れば悲劇と言える内容だが、喜劇に分類されているのは何故か。

といった意見が出されました。また、先の中国人参加者のお話だと、シャイロックは中国の文学史では、四大吝嗇家の1人に数えられているとのことで、数ある古典文学の登場人物の中でも特に重要視されているようでした。

私としては、あくまでコメディの悪役として描かれているシャイロックにそこまで同情したり、感情移入したりした訳ではありませんでしたが、参加者の方々のお話を聞いていると、悪役であるシャイロックに関してここまで議論が盛り上がると言うのもシェイクスピアの高い人物描写力や構成力のなせる技なのかなと言う気がしてきました。

漫画でも映画でも小説でも、主人公と同等またはそれ以上に脇役や悪役が印象深い存在だとやはり作品自体の魅力も大きく増すように思います。

脇役繋がりで言うと、身分の高い女性でありながら自身の機転と行動力で夫の親友アントーニオを救うポーシャに私としては非常に好感が持てましたが、他の参加者からも、ポーシャから女性の怖さを感じたという意見や、彼女こそ真の主人公ではないかと言う意見も出るほどでした。

また、本筋からはやや逸れるかもしれませんが、自分が考えもしなかった意見や意外に思った意見として次のようなものがありました。

・バサーニオとアントーニオの強い絆は同性愛からくるものではないか。
・英語の言い回しや韻のふみ方がコミカルで非常に巧みであり、原語(old English)で読むのはかなりハードルが高いものの、現代英語で読むだけでもその面白さを日本語よりは感じることが出来る。
・キリスト教やユダヤ人に対するシェイクスピア自身の意見を代弁しているのがシャイロックなのではないか。

同性愛説に関しては、主人公アントニーニオが他の登場人物に比してそれほど目立っていないにもかかわらずタイトルにもなっているのは、バサーニオとアントーニオの同性愛を強調するためではないか、西洋では異性愛よりも同性愛の方が崇高に扱われている部分があり当時のイングランド王であったジェームズ1世も同性愛者であった、などと私1人で読んでいたのではまず思い至らなかったであろう話題が次々と上がり、読書会というものの醍醐味を感じることができました。

大人としての教養が一歩深まったと思える2時間を過ごすことが出来ました。

(by Teiko K.)
プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR