読書会レポート 2017年8月

~ヘッセ『荒野のおおかみ』~

「自分は昔から生きとし生けるものの両極性を貴ぶものであり、いつも矛盾性と魂の二元性とに心をひかれてきた」

「荒野のおおかみ」では、相反する理性と本能という人間の二元性、そしてヘッセ自身が文学作品を通して生涯問いつづけた「内面への道」がテーマとなっている。

時代背景は第一次世界大戦直後のドイツ。異国文化が流れ込み、機械化の進む市民生活においては、主人公ハリーが慣れ親しんできた、自然、音楽、哲学思想は軽んじられるようになる。そんな社会風潮に同調できずに孤立を極めたハリーは、自分とは正反対な生活を送りながらも同じ絶望を抱える不思議な女性ヘルミーネの導きで、ダンスやジャズをたしなむようになり、これまで敬遠してきたものたち、さらには自分自身の混沌とした内面と向き合おうと奮闘する。はたしておおかみと人間の二元性は、共存、和解あるいは克服しうるのか…?

前半はストーリー性や時系列といった理解のヒントとなる要素や人物描写が少なく読みづらいと感じた人が多かった。そもそも登場人物が少ない。ヘッセ自身が投影されたハリ―、彼が敬意をよせるゲーテ、ニーチェ、モーツァルト、そしてヘルミーネは(おそらく)ハリ―の一部であり、パブロはモーツァルトの化身ではないかという意見を汲むと、物語というよりはヘッセ自身の頭の中の葛藤をそのまま描いた作品であることがわかる。

支離滅裂な幻覚か夢ともとれる魔術劇場の場面では特にそれが顕著に感じられた。そこでハリーはついにおおかみと向き合い、おおかみを「笑い」で消滅させる。そして自分の良き理解者であり、理想の女性の象徴でもあったヘルミーネをも刺し殺してしまう。もちろん、すべてはハリーの劇場、精神世界での出来事である。

一見、破滅的な結末のようだが、ハリーは最後にモーツアルトに「永久に生きる罰」を処され、生きることを、ユーモアを学ぶよう諭される。自分自信の苦悩、真剣さ、悲壮感を笑い飛ばすことで「能力の衝動や努力の残余の全混沌」であるおおかみと別離する。

永久に生きる罰―それはヘッセが自分自身に課したある種の希望でもあった。作家として作品や思想を残すこと、すなわち死への恐怖や時間という障害を乗り越え、「永遠」を目指すことで、今後の人生を歩む決心と希望を見出したのではないか。彼の“不滅なものに対する強い信仰”が感じられるエンディングである。

作品全体には、死、神、永遠、自由といった形而上学的テーマがちりばめられ、(翻訳の堅苦しさも相まって)難解で憂鬱と感じる人が多かった。それでも、魔術劇場での一幕は退廃的なヌーヴェルヴォーグの映画のような疾走感や、デヴィット・リンチのサイコスリラー映画のような不気味さがあり、文学作品として十分に楽しめる要素もある。また、読書会で視聴したSteppen wolf の音楽やヒッピー運動は、反戦思想、自由と平和を唱えたヘッセから大きな影響を受けている点からも、彼の作品は多方向からの解釈が可能だ。東洋思想的な魂や個性とらえ方、精神分裂症や人格形成といった心理学的キーワードからこの作品を読み解くのも面白いかもしれない。

最後に、物質的に満たされた世界で、生活に追われ自己と向き合うことがないがしろにされているというヘッセの批判は、現代人にも通ずるところがある。答えのない問いは不必要といえばそれまでだか、意味がないわけではない。自己探求や人間の美徳とは何かといった古典的テーマを熟考してみるきっかけとして本作品を読み返してみることをお薦めしたい。

(By T.S.)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

読書会の告知は、毎月下旬頃(読書会の45日ほど前)から始めます。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR