FC2ブログ

読書会レポート 2017年10月

1_20171108143028fc0.jpg

~川端康成『眠れる美女』~

 これまでに数度か、東京読書会に参加していたが、今回初めて課題図書を選ぶ機会をいただいた。

 この本を選んだ理由は、非常に有名な文学作品であり、また三島由紀夫をはじめとして様々な人から「文句なしの傑作」と呼ばれているため、多くの人にとってなじみの深いものであると考えたためである。
 他の参加者の方と、考えたり、話し合ったなかで、感じたことを書いてみたい。

 この作品は、年老いた男性が薬で眠らされた若い女性の温かい体に寄り添い、一夜を過ごすことのできる、奇妙ではかない悦楽の館で起こる「江口老人」の物語である。

 非常に退廃的で、身勝手な男の欲望を設定としているが、単にイヤらしいだけの卑俗な小説とはなっていない。
これは、年老いた男性が眠るだけの少女を前にして、過去の女性(過去の恋人、自分の娘、死んだ母)の断想や様々な妄念を通じて、自身の内面と向き合っている姿があらわされているからではないかと思う。

 読書会では、活発な意見、感想、感じた疑問が交わされた。
 文章の表現方法が素晴らしい、もし自分が男なら行ってみる・行ってみない、江口老人の気持ちがわかる、まったく共感できず嫌悪感を覚えるなど、さまざまであった。

 また、この作品が映画化されていることは、参加した多くの方が知っていたが、オペラ化されたこともあり、実際に見に行った方がおられた。
 機会があれば、この作品がどのように映像化されているのか、ぜひみなくてはいけないと楽しみである。

 2時間ほどの読書会であるが、1冊の課題図書を通じて、様々な方たちと感じたこと、意見の交換をすることで、自分のなかで新たな気づきがあり、今回も非常に有意義な時間を過ごすことができた。

(by M.K.)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR