読書会レポート 2018年5月

~シェイクスピア「ジュリアス・シーザー」~

 今回の課題本は、名にし負う大文豪シェイクスピアの政治劇「ジュリアス・シーザー」でした。

 業績、名声、人望、知性、すべてに厚く、ローマの新時代をまさに切り開かんとしていたジュリアス・シーザー。しかしその周囲には、神にもたとえられつつあったシーザーに嫉妬し、その座から引きずり落とそうと画策する力がうごめいていた。彼らが反シーザーの旗印にと目をつけたのは、清廉実直で名高い男(ブルータス)。

高潔な理想、純真な愛国心、そして暗い嫉妬と羨望はないまぜになりながら、シーザーの暗殺は遂げられ、計画は成功。これですべてはうまくいく、と思われたのだが―――。

 さて、実際の会での話題は以下のようなものでした。

まず、
 ―「読んだけど、正直なんだかよく分からなかった」「そもそも『シーザー』って誰なのか、実は全然知らない」といった、赤裸々な告白(多数派)。
 ―「シェクスピアは初めて読んだけど、セリフが大げさする」「どうせ『ブルータス』では売れないから、有名人の名前をタイトルにしたに決まっている」という鋭い意見(過激派!)。

はたまた、登場人物の多くが男性であることから、
―「遊びも知っていて、言葉も巧い男が、モテるに決まってる」「そんなことない。心の弱さがある男性も、いじらしさがあって、人間臭くて好き」「カッコよくて、リーダーシップがあって、『さすが主人公!』と思ったキャラが、この後で美女にのぼせてダメになるなんて…見損なった」といった、男性キャラの好感度投票(主に女子陣)。

もちろん、
―「シェイクスピアはかなり史実を改変している。けれども、その改変が物語に自然さと普遍性を与えている」「容貌の描写がなくとも、読み進めているうちに、自然にキャラの顔かたちが想像できてしまう。さすがの筆致。」「史実では、複数の登場人物間に血縁関係があったらしい。そうだとすると、さらに面白く、考えさせられる」といった、「やっぱりシェイクスピアすごい」という声も多く聞かれました。

 最後に、打ち上げの酒宴では「シーザーサラダの『シーザー』の由来は何か」という点についても、ケンケンゴウゴウだったことも申し添えておきます。
(by H.T)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR