FC2ブログ

読書会レポート 2019年2月

~オースティン『自負と偏見』~


ハンサムで大金持ちだが傲慢で人当たりの悪いダーシーに、平民の娘エリザベスが反発しながらも、いつしか惹かれていく……というストーリー。
昔から女性に大人気で、今も熱狂的なファンの多い小説です。

会では、こんなことが話されました。

「出だしは退屈かなと思いましたけど、いつの間にか引き込まれてしまいました」
「女性に人気なのもわかる。ハーレクィーンロマンスみたいな小説ですよね」
「この小説がハーレクィーンの源流になっているのかも」

「ダーシーは、イギリスの小説の主人公でもトップクラスの人気らしいですよ。なんでこんなに人気なんですかね」
「初めは傲慢だったダーシーが、エリザベスに求婚を断られたのをきっかけに、謙虚で優しい人柄に変わっていくでしょう。そこがいいんじゃないかな」

「人物描写が巧みですよね。エリザベスのお母さんのミセスベネットが、本当におしゃべりであけすけで、なんか大阪のおばちゃんみたいで笑えました」
「しかしこの若い女性たちって、いったい何のために生きてるんだろう。家の中でおしゃべりして、編み物をして、ときどき舞踏会に行って男性と会って……これしかしていないですよね。社会的背景がほとんど描かれていないのがすごい」
「この小説の女の人は、男と結婚と金の話しかしないんだよね。なんか、居酒屋に行ったら隣に女子会のグループが居座っていて、その話を延々と聞かされている気分になりましたよ」
「軍人が女性にモテモテになっているけど、なんでだろう」
「軍服がかっこいいからじゃない? ジャニーズのファンになるみたいな。あるいは、軍人が権力の象徴なのかもしれない」

「エリザベスは初めて会ったときからダーシーが大嫌いだったじゃない。ここを読んで、『あ、この二人は結ばれるな』と思いましたよ。愛と憎しみはコインの裏表なんだよね」
「もともとエリザベスはツンデレなんじゃないの」
「あれだけダーシーを嫌っていたエリザベスが、ダーシーの豪邸を見て、だんだん好きになっていく描写が、リアルで面白い」

 いつも読書会では、異性の意外な読み方や意見を聞いて驚かされるのですが、今回もそんな喜ばしい驚きを得ることができました。

(by Der Wanderer)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR