FC2ブログ

読書会レポート 2019年11月

~ヘミングウェイ『老人と海』~

今回の読書会では、アーネスト・ヘミングウェイ作『老人と海』を紹介させていただきました。

 『老人と海』という作品について、「題名は聞いたことがあるけど、まだ読んだことはない」という方はけっこういるのではないでしょうか。そんな方のために、少しだけ内容を説明します。

キューバのとある貧しい漁村に、漁師として暮らしている老人がいます。妻に先立たれ、身寄りのない老人ですが、彼には漁師仲間であるひとりの少年がいます。少年は老人のことをいつも気にかけ、ときに身の回りの世話などをしてくれます。少年はかつて老人と一緒に漁に出ていたのですが、長い間不漁が続き、父親から老人と漁に出ることを禁止されています。
 老人はある日、いつものように、夜明け前の暗がりの中を、ゆっくりと船をこぎだします。そしてついに、彼の人生で見たこともないような大物と対偶するのですが…。

 この作品では、老人の孤独な闘いが力強くドライに描かれています。しかし、この作品にあるのは孤独や厳しさだけではありません。少年の老人に対する思いやり、そしてなにより、海とそこに住む生き物たちに対する、老人の深い愛情と尊敬の念を、ヘミングウェイは優しく描いています。

 読書会では、漁業が盛んなところで育ったため、とても感情移入できたという方や、なぜ老人は大物だけを狙うのか理解できないという方など、様々な意見を持った方がいました。

 『老人と海』は私にとって、とても大切な作品なのですが、読書会を通じて初めて作品を知っていただいた方や、読んだことのある方でも、新しい発見ができたという方がいたならば、今回の読書会はとても意味のあるものになったと思います。

By (N.M)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR