FC2ブログ

読書会レポート 2020年1月

~モンゴメリ『アンの青春』~

このたび、選書する機会をいただき「アンの青春」をテーマにしました。「赤毛のアン」を絵本やアニメで知っていたとしても、続編である「アンの青春」を小説で読む機会はなかなかありません。自分が予備校講師をしていることもあり、寂しい子供たちや傷ついた大人たちがたくさん登場する本書を、深く掘り下げてみたいと感じていました。

本書には、英米文学や聖書からの引用・パロディが豊富です。読書会で仲間と意見を交換するうちに、児童文学という枠を超えた本書の普遍性が、ぐいぐいと胸に迫ってきます。初めて東京読書会に参加された方も、養母マリラのような雰囲気の司会者とともに、みずみずしい感性で丁寧に言葉を紡いでいらっしゃいました。

珠玉の一文もいくつか紹介されました。なかでも、アンを長年に渡り愛読されている方がご紹介くださった第19章「幸せな一日」の冒頭が、自分のなかでは特に印象的でした。

「結局、幸せで楽しい暮らしとは、華やかなこと、驚くようなこと、胸ときめくようなことがおきる毎日ではなく、さりげない小さな喜びに満ちた一日が、今日、明日としずかに続いていくことなのね、まるで真珠が一つ、また一つと、糸からすべり出ていくように」

自分が教える予備校には、受験に失敗し再起を目指す若者たちだけでなく、我が子の将来を気が狂わんばかりに思い悩む親も相談にいらっしゃいます。大学進学をあきらめ、16歳で若き教師となり前向きに生きるアンの成長は、充実した青春について問いかけているようです。

「アンの青春」には、他にも幼くして両親と死別した双子の孤児や、45歳独身女性のロマンスなど、現代日本の複雑化した社会でこそ見直したいエピソードが満載でした。喫茶室での2時間だけで議論し尽くすことは到底できず、食事会でもモンゴメリの枠を超えた文学談義から映画・芸術の分野にまで話題が及び「さりげない小さな喜び」を満喫いたしました。今こうしてレポートを作成している自分の中にも、爽やかなプリンスエドワード島での登場人物の会話がいくつも「こだま」となって跳ね返ってきます。

「人に知識を与えることには、さほど興味はないの。もちろんそれは何よりも崇高な目的だけど、でも私は、私がいることで、より楽しいときをすごしてもらえたら嬉しいの」

「やがてまわりの人たちは、その名を聞くだけで、優しく心地よい気持ちになって、名前がもともとすてきじゃなかったことなんて、考えもしなくなるんだわ」

(by 李権二 )

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR