FC2ブログ

読書会レポート 2020年11月

~ドストエフスキー『白夜』~

「感傷的ロマン」と副題が添えられたこの作品、やたらと長いドストエフスキーのほかの作品と違い、短くて読みやすいかなと思って、読書会のために選んで見ました。

 この小さな小説を巡って話されたことは、次のようなことでした。

「最後に主人公は失恋して終わるんだけど、全体の調子は陽気で明るいですね」
 →そうかな? 陽気にしていないと死にそうだからそうしているだけで、本当は相当堪えていると思うよ。

「ヒロインのナースシェンカ、純情そうだけど、本当はかなりの悪女では?」
 →そう思う。主人公を利用するだけ利用しているしね。主人公を振っておきながら、最後に「今もあなたを愛しています」なんて手紙を送り付けること自体、相当な性悪女のやることでしょう。
 →まだ17歳だし、お婆さんにピン止めされるほど自由のない生活を送っていたのだから、ある程度は仕方ないでしょう。かわいそう。

「この主人公の男、結局利用されるだけの『都合のいい男』なんだよね」
→そうだね。好きな女と別の男の仲を取り持って、二人が結ばれたら即座に捨てられてしまう。『男はつらいよ』や『トラック野郎』みたいだな。
→ヨーロッパの騎士道精神の表れでは? 愛する女性のために、命を投げ出しても尽くすという。

「主人公が一人で延々としゃべり続けていますよね。ドストエフスキーのほかの作品もこんな感じなの?」
→そう。『カラマーゾフの兄弟』なんて、最後に弁護士が一人で20ページくらいしゃべり続けるし。この執念深い文体がドストエフスキーの真骨頂。

・「この小説、どういうわけかインドで五回も映画化されてるんですよね。何がインド人のハートを射抜いたんだろう?」
→わからない。どう考えても、インドで白夜は起こらないしね。なぜ受けたのかよくわからないところが、いわゆるインドの神秘じゃないの。


短い小説なので、話すことはあまりないのではとも思っていましたが、意外にも時間を割り込みかねないほどの話題に詰まった本でした。

(Das Wandern)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR