FC2ブログ

読書会レポート 2021年2月

~『カフカ寓話集』~

 この本は、長らく私の本棚で眠りについていたのですが、一向に読まれる気配がなかったため、今回の読書会のテーマとして出品して読んでみようと考えたわけです。

 基本的にこの本は短編集で、わずか一ページにも満たない作品もいくつかあります。
 みなさんの声を聞いてみると、「ポセイドン」という三ページしかない短編が一番人気でした。海の神ポセイドンが主人公なのですが、ポセイドンは「戦車を駆けって海を巡察している」というイメージとは裏腹に、まるで公務員のように海底に座ってひたすら計算をするだけ、というものでした。
 なんだか、実際に公務員だったカフカの姿が裏写りするような作品です。

 会では、こんなことが話し合われました。

「なんだか、尻切れトンボの作品も多いですね。落ちも何もないという……」
「未発表の作品も多いからね。おそらくカフカ自身が、これらの作品を世に発表するつもりはなかったんでしょう」

「私は個人的に、作品の深読みはしないようにしているんだけど、カフカの作品は思わず深読みしてしまいますよね。あまりにも不可解で、意味も何もわからない作品が多いから」
「そうだね。僕は『貂』(てん)という作品が好き。ユダヤ教会になぜか貂が住みついていて、その理由がわからない。みんなはできたら追い出したがっているが、どうやって追い出したらいいのか、方法がわからない。ただし、今のところ貂が目立った悪さをするわけでもない……という」
「この貂は何の象徴なのだろう。いや、何も象徴していないのだろうか」
「意味不明なので、どうしても解釈する誘惑から逃れられなくなるんですよね」

「『巣穴』がよかった。この本の中では一番長く、ものすごく単調で退屈なんだけど、すごく引き込まれるんだよね」

「『断食芸人』が面白かった。断食しているところをみんなに見せる芸人の話」
「シュールな話だけど、こういう芸人は実際にいたと聞いて驚きましたよ」

 謎の多い作品群なので、話すネタもいつまでも尽きない模様でした。

(by Das Wandern)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR