第三回読書会レポート

IMG_5938_3.jpg


世界最大の古本屋街である神保町の裏通りに、その店は忘れ去られたように佇んでいました。
「喫茶去」。ここの二階の茶室で、第三回目の読書会が開かれました。
「八人以上入れると建物が潰れるから、七人までにしてください」とお店の人に言われた、なかなか趣のある和室です。

参加者は六名(男性二人、女性四名)。
テーマは夢野久作の中編小説『氷の涯』です。

夢野久作の作品と言えば、難解で、エロ・グロ・ナンセンスなイメージがありますが、この作品はそれほど濃厚すぎるものではありませんでした。
スピード感があり、場面が次から次へと転換し、最後は極めて華麗で不可思議なイメージの中で終わる「探偵小説」でした。

笑いの絶えない会合で、「登場人物のマダムが艶っぽい」とか、「もし映画にするならヒロインをどう描く?」とか、「主人公たちは、最後にどこに行きついたと思う?」などと言った話で盛り上がりました。
夢野久作の作品について、これほど語れる機会は、めったにないでしょう。

みなさん、ありがとうございました!

(杉岡によるレポートです)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

読書会の告知は、毎月下旬頃(読書会の45日ほど前)から始めます。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR