読書会レポート 2017年3月

~エンデ『モモ』~

 モモという不思議な少女が、人間から時間を盗んで搾取する「時間どろぼう」と戦い、最後には打ち勝ち、世界に平和と笑顔を取り戻す――という物語です。
 時間とは何か、時間は人間にとってどういう意味があるのか、といった問いを投げかけています。

 もともと児童向きの小説でもあるため、子供の頃に読んだという人も何人かいました。しかし、読後感はその頃とはまったく違う、とのことでした。

「子供の頃って、時間はただ流れゆくものでした。大人になったら、時間は『持っている』という感覚になる。だから、時間どろぼうは許せませんね」
「勧善懲悪の物語ですよね。時間どろぼうがひたすら悪者になっているという。このほうが子供にはわかりやすいのかな。時間どろぼうにも妻子がいて、住宅ローンを払ったりしているでしょうに……」
「モモは不思議な能力を持ってますよね。ただそこにいるだけで、人は何かを喋ってしまい、素晴らしいアイデアが湧いてくるという。いったいどういう存在なんだろう」
「心理学で言う『傾聴』のテクニックじゃないかな。ひたすら聴くことで、相手の言葉を導き出すという」
「モモがいると素晴らしいアイデアが湧いてくるというのは、モモがミューズ的な存在ということなのかもしれませんね」
「亀の甲羅に文字が浮かび上がるのは、どういう仕組みなんだろう。液晶パネルとか、LEDが組み込まれているとか……」
「すごく映像的な作品ですよね」
「そう。星の振り子が揺れるたびに、時間の花が次々と開かれ、世界が色彩を帯びた音楽に満たされるという描写は、すごく映画的。まるで初めから映画になることを想定していたみたい。スペクタクルな美しさなんですよね」

 私としては、時間を奪われた大人たちが、モモにいろいろせわしく突っ込むところが、深刻かつ面白かったです。これはきっとエンデも楽しんで書いたに違いありません。

(by Das Wandern)

読書会レポート 2017年2月

~モリエール『人間ぎらい』~

「もう我慢ができん。腹が立つ。僕はきょうから全人類に向かってまともに反抗してかか
る覚悟だ。」

このフランスの戯曲『人間ぎらい』は、社交辞令や嘘にあふれた人間社会が嫌で嫌でたま
らない、若き貴族アルセストが主人公です。
物語は、この本音で生きることをモットーとする青年が、こともあろうに社交界の華セリ
メーヌに恋をしたことから起こるトラブルを中心に描かれます。

紹介者としては、アルセストの性格が受け入れられるかが興味津々なところでしたが、予想通り、我らが主人公の特異な人間性(?)が話題の中心となりました。
「こんな同僚がいたら困ってしまう!」、「(常識的な友人の)フィラントに共感できる」等々の手厳しい意見には、うなずく方も多かったと思います。

一方で、「誰でも彼のように言いたいことを言いたい願望がある」、「学生時代はこんな気持ちだったかも」、「400 年前(日本では江戸時代初期!)から人間はあまり変わっていない」といった主人公を擁護する声も、意見交換の中で徐々に割合を高めていったように感じました。

また、この戯曲はコメディ描写も多いですが、そのまま本作を喜劇と見るか、一方で主人
公の立場に立って悲劇と見るかは、人によって意見が割れ、非常に興味深く感じました。

今回の会で改めて本作を読み返しましたが、皆さんの沢山の意見を聴いたことで、100 ページ程度という短さながら、読み手の立場や環境、人生経験によって、万華鏡のように目まぐるしく姿を変える、得がたい良作であると改めて感じることができました。

なお、余談ですが、閉会後に「紹介がなければこの本を手に取ることはなかった」、「会のために何回も読んだことで、より作品に愛着がわいた」等の嬉しい感想を頂きました。

こうした新たな作品、そして人との出会いの機会を得られることが、この読書会の醍醐味ではないでしょうか。
(by jiang)

読書会レポート 2017年1月

~シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア』~


今回の読書会のテーマとして、『ジェイン・エア』を選ばせていただきました。この小説はその題名の通り主人公ジェイン・エアという女性が幼い頃の両親の死、親戚からの不遇、寄宿学校での厳しい生活を経て、家庭教師として雇われた屋敷の主ロチェスターと恋に落ち、厳しい試練を乗り越えて幸せを手に入れるまでを描いたものです。今よりも女性の地位が男性とは対等でなかった時代に、自立した女性としての在り方を力強く訴えた作品だと思います。

全体としては典型的な少女漫画やロマンス小説と捉える意見が目立ちました。しかしそこからさらに「私達が典型的と考えるストーリーはこの時代にはまだ斬新なものだったのではないか」、「現代の小説でも共通して「面白い」と認められる要素をこの時代に既に小説に組み込むことができていたのは、小説家として優れた技術を持っていたからではないか」と考察を深める方もいました。

個性的な登場人物が多いためか、議論は各キャラクターの人物像について特に集中しました。最も話題に上がった人物はもちろんジェインです。実は私は読書会の前には女性読者はジェインというキャラクターに共感あるいは同調する人が多いのではないかと考えていました。一方で、女性目線で書かれたこの作品について男性読者はどのように感じるのか関心を持っていました。

男性読者にジェインを苦手とする人が多いであろうことはなんとなく予測はできました。やはり彼女は男性にとって「かわいらしい」女性ではないようです。しかし女性読者に「ジェインが苦手だ」という意見が相次いだことは意外でした。理由としてはジェインの被害者意識の強さ、「神に仕えている」という意識や能力があるという自覚からくる尊大さ、常に自分を正しい立場に置きたいという願望の強さといったことが挙げられました。ジェインの短所ともとれるこういった性質はこの作品の激しい調子の一人称の語りも作用して、読者に強く印象付けられているように思います。

またジェインの恋の相手であるロチェスターとリヴァースの二人の男性の人物像についても話題に上がりました。この二人については男女共にあまり好意的に受け止めていないようでした。理由としてロチェスターは子供っぽく、女性を物扱いしている節があるということ、リヴァースは自分勝手な上に冷たいということが指摘されました。一方でロチェスターは確かに手放しに良い人物であるとは言えないが、運が悪かっただけで根は優しい人間であると、彼を擁護する意見もありました。

読書会全体を通して登場人物のパーソナリティーについての議論が相次いだことから、この作品におけるブロンテのキャラクター作りの巧さを再確認しました。『ジェイン・エア』は古い作品ですが、こうして登場人物について最近のドラマや漫画について話すように「このキャラクターのこういうところが好き、嫌い」、「こういう性質が良いと思う、悪いと思う」といったことをたくさん話し合えるというのは新鮮な喜びでした。充実した時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

(by A.S)


読書会レポート 2016年12月

~フィツジェラルド『フィツジェラルド短編集』~

最近、短編集を読むのにはまっておりまして、今回読書会の本を選ばせていただけるということで、『フィツジェラルド短編集』を提案しました。『氷の宮殿』、『冬の夢』『金持ちの御曹司』『乗り継ぎのための三時間』『泳ぐ人たち』『バビロン再訪』という、6つの短編集が収められている本です。

村上春樹さん一押しの作家で、翻訳もされているということで、村上春樹ファンの方で、「村上春樹さんも翻訳しているフィツジェラルドの本が読めて嬉しい」という声が聞かれました。私の個人的な意見ですが、この短編集を読んでみると、初期の村上作品というのは、フィツジェラルドの小説にとても影響を受けているなと感じます。

フィツジェラルドの短編は「情景描写が上手い」という評価が多かったです。「読んでいると、1920年代の華やかさが映像として浮かんでくる」「『氷の宮殿』の楽隊のシーンは、音が聞こえてくるようだった」という意見がありました。ちなみに『氷の宮殿』は結婚して南部から東部に行く女性の話なのですが、「彼女の気持ちは、地方から上京したときの自分の不安だった気持ちと重なった」という声があり、遠く海を越えた場所からでも共感を呼び起こしてしまうフィツジェラルドって、すごいなと思いました。

『冬の夢』は、主人公がどうしようもなく愛してしまう、魔性の女のジュディ・ジョーンズについて「こういう女性は好きか、嫌いか」で議論が盛り上がりました。女性も男性も、「嫌いだ」という意見が大多数でしたが、一方で「本当は好きだけど、この場では言えないだけじゃないかな」という鋭い指摘もありました。

『バビロン再訪』は、「話が進んでいくにつれて少しずつ事情が明らかになる構成が良い」という意見がありました。羽目を外して家庭を失ってしまった主人公が、最後に子供を引き取ろうとするところで話は終わるのですが、「次世代に自分を託す前向きな気持ちが表れている」という意見があり、そうだとすればこの小説を、短編集の最後にもってくるのは上手い構成だなと思いました。

本書は野崎 孝さんの訳なのですが、「この人の翻訳だから良かった」「この人の翻訳はわかりにくい」という風に、評価が真っ二つに分かれたのは興味深かったです。

基本、読書って独りで読んで、完結するものなのですが、こうやって読書会で感想を持ち寄って意見交換すると、考えつきもしなかった視点に接することができて、毎回楽しいです。ありがとうございました。

(by k)

読書会レポート 2016年11月

~ヘッセ『クヌルプ』~

最近読んで心に残ったヘッセの「クヌルプ」を皆さんがどのように感じられたかを知りたくてテーマに選びました。ヘッセ中期の代表作であり、彼の作品の中では牧歌的な雰囲気のある物語です。失恋を機に生涯放浪の旅にでたクヌルプが、人生の最後に「神」から肯定される物語です。

会の中では「自然の描写がよく描かれている」や「詩人だけあって文章が詩的で印象に残る言葉がいくつかあった」という肯定的な意見が出た一方で、
「初恋の人にふられたからといってそれだけでこんなに変わってしまうのか?」や
「最初から最後まで良い所が見つからなかった。クヌルプに成長の兆しが見えないところが好きじゃない」という否定的な意見もあり、面白かったです。
また「クヌルプは何故皆に受け入れられるのだろう?」という疑問でも様々な意見が交換されました。
その他に
「クヌルプのような人も認めないとしっぺ返しをくらう」
「クヌルプは弱くて人と深い関わりを持つことができなかった」
「サルトルは『自由の刑に処せられている』と言ったがまさにクヌルプだ」
「神はクヌルプの中の神であり、自分で自分の人生を肯定できるかどうかなのでは?」
など多くの意見が出ました。

皆さんのご意見をお聞きして色々と考えました。
クヌルプは世間から見ると仕事もせずにフラフラしているどうしようもない人間かもしれません。しかし彼は、人の悲しみや喜び、狡さ等の心の動きを察知したり、美しい自然、文化、地球を感じ取ることに人一倍敏感な人だったのではないでしょうか。
そういった感覚を研ぎ澄ました中で孤独に生きた人だったのではないかと思います。
その感覚を失いたくなかったために、仕事につくこともなく、一つの場所に留まることも出来なかったのではないかと感じました。

読書会で様々な本を読むようになり、これまで自分が手にとることがなかったような本を読み、深く感動することが増えました。「クヌルプ」もその中の一つです。
それは読書会での皆さんの様々な読み方を伺ううちに刺激され、これまでとは違った角度や深さで本を読むことができるようになったからではないかと思っています。
また、読んだ感想を自分の中だけで抱えるのでなく、皆さんにお話しすることで自分のなかに新たな気づきが生まれることも多いです。
読書会に参加しなかったらヘッセにも「クヌルプ」にも出会えなかっただろうと思います。
とても楽しい時間となりました。ありがとうございました。
(by mio)
プロフィール

東京読書会

Author:東京読書会
古典文学の名作を読み、カフェでそれについて自由に語りあいます。
肩の力を抜いて、真面目な話でなくてかまいません。

まず、メンバーで順番に、その月の課題作品を決めてもらいます。
それを読んで、毎月第一日曜日、東京近郊の喫茶店に集まり、感想を語りあいます。

古典的な名作というのは、名前は知っていても、実際に読んだことがない場合が多いので、これを機会に読んでみよう、というのが主旨です。
古典的名作だけに、読んで損をすることはないでしょう。

参加される方の割合は、初めての方とリピーターの方が半々といったところです。

読書会の告知は、毎月下旬頃(読書会の45日ほど前)から始めます。

★「FRaU」(講談社)、『TOKYO BOOK SCENE』(玄光社)、NHK「ラジオ深夜便」、東京ウォーカー(KADOKAWA)で東京読書会が取り上げられました!


メールはこちら

Facebookページ

Twitter

主催者・杉岡幸徳のウェブサイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR